お役立ち情報

日本で無修正AVが禁止されている理由とは

現在、日本では無修正AVの配信は規制され法律的に違法となっています。

しかし、海外に目を向けてみると無修正アダルト動画は普通に視聴することができます。

この差は一体何なのか疑問に感じることが多々あります。

無修正AVが禁止されている理由をまとめてみました。

日本でAVにモザイクが必要な理由

大きな理由のひとつは、モザイクを規制を審査している日本ビデオ倫理協会(ビデ倫)が、警察庁の天下り先だからということが真っ先に挙げられます。

ある時天下りを受け入れなかったビデ倫と警視庁は一悶着アリ、このことが原因で2007年に家宅捜索を受けることとなります。

このことを境にモザイクを審査する「日本映像倫理審査機構」(日映審)があらたに設立されます。

現在は「映像倫理機構」(映像倫)という団体がAVのモザイク審査に当たっています。要するに警視庁の利権のためにモザイクを審査する団体が必要なんですね。

ビデ倫の審査する項目は大きく3つあります。

・タイトル
・パッケージ(ジャケット)
・内容

審査に通らないとAVを販売することができません。審査をパスすると証明としてホログラム付きのシールが発行されます。

このシールが一枚数万円かかり、ビデ倫の収入源となっていました。このことから昔のVHSタイプのAVがめちゃくちゃ高額だったのはこのことが原因となっています。

インディーズメーカーの台頭

1990年代、インディーズが誕生しました。大きな理由はそういったしがらみに巻き込まれたくないメーカーがあったからでしょう。

これによってモザイクがより薄くなりインディーズ制作のAVは過激な内容へと変化していきます。

桃太郎映像出版がデジタルモザイクを開発。性器に合わせた範囲だけに処理されたきめ細かい薄モザイクは当時画期的で即大人気になります。

エロの力は凄いですね。

同時期には北都(CA)グループがインディーズ系審査団体をどんどん統合していき組織の規模として頭一つ抜けてきます。

この業界の流れからレンタルビデオ店ではインディーズAVも扱うようになり、ビデ倫AVとの区別がなくなってきます。

その結果、ビデ倫という組織も不要となり消滅していきます。

モザイクをかける仕事

2000年代にデジタルモザイクという新技術が開発されたことで、メーカーは専門の職人を雇うようになります。

求人で見かけた話では、仕事は自宅のPCでOK。最高月100万円くらいの報酬は稼げるらしいです。

ただ考えてみると一コマずつ丁寧にモザイクをかけていく作業というのはかなり精神的につらいように思える。

いくらAVが好きでも長く続かないだろうな。

モザイクがあることのメリット

やっぱり規制された範囲内で知恵を絞って売れるAVとは何かと常に考えることで斬新なアイデアが浮かんだりすることでしょうか。

日本のAVは海外の方から凄く人気なのはそういった企画やフェチ、変態プレイのバリエーションの豊富さが受けているからだと思います。

無修正動画をダウンロードするのは違法?

当サイトでも人気のカリビアンコムの無修正動画ですが、会社自体はアメリカ法人で現地の法律が適用されています。

そのため料金がドル表記になっています。海外に存在するサーバーから無修正動画をダウンロードし保持すること自体は違法ではありません。

このことについて警視庁も同じ見解を示していますので安心です。

無修正関連の事件で逮捕されているのは何故?

FC2などでは定期的に販売者が逮捕されていますが、これは日本国内からアメリカのサーバーに無修正動画をアップロードしダウンロードできる状態にしたからというのが理由です。

いかなる理由があっても日本では無修正動画を不特定多数の人が閲覧視聴できるような状態にしてはいけないというのが法律で決まっていることです。

FC2とかで無修正動画を販売している人は海外在住かもしくは海外からアップロードしているはずです。

-お役立ち情報

Copyright© 有料アダルトサイト比較&まとめ2021年版 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.