佐々波綾のAV情報と無修正流出について

佐々波綾のAV情報と無修正流出について

佐々波綾

2016年、AVデビュー。身長150センチのミニサイズ、ロリ顔、アニメ声、デカ尻と萌え要素満載の超ハイスペック。

デビュー後ちょうど業界はVRで盛り上がっていた頃で、彼女のVR作品がバカ売れする。

2018年に引退。

同年「誘惑◆マッサージサロン ひなた澪」という作品の終わりに「誘惑◆マッサージサロン 佐々波綾」の宣伝動画が収録されていたのだがこれにモザイクがかけらておらず話題に。フェラチオと遠めのセックスシーンのみで10秒くらいの尺。当時もっとも人気があったであろうAV女優の無修正動画がアクシデント的に世に出てしまったことで業界は騒然となる。

佐々波綾のピックアップ作品

佐々波綾のVRでは一番おすすめしたい作品。

自分がAV男優役で佐々波綾がお相手という設定。AV撮影の現場の雰囲気とかも味わえて新鮮な内容。

シーン1
まずは現場でスタッフと打ち合わせ。メイクさんと綾ちゃんも現場入りし一気に明るい雰囲気になる。
ピンクのガウンを着ていて最高の笑顔で挨拶をしてくれると胸がどきどきする。
監督が撮影する内容を説明してくれる。我々2人は新居に越してくるカップルの役。

カメラが回り撮影開始。役に入り会話が弾む。
いきなりエッチなムードになっていちゃいちゃ。
ここで監督からカットが入り、再度撮影が始まる。
ブラを外しおっぱいが丸見え。大きめの乳首を至近距離でまじまじと観察。ぷっくらして可愛らしい。
キスと手コキでちんぽを刺激してくれる。
そして待望のフェラチオシーン。ここで監督のストップの指示が出て撮影が中断。

どうやら自分の勃起の状態が悪いらしく、いわゆる勃ち待ちの状態。しばらくして綾ちゃんが戻ってきて撮影再開。
自分を興奮させようとして色々尽くしてくれる。
やっぱりフェラで舐めてもらうことに。ここでスタッフを人払いし2人だけに。おちんちんをコキコキしてくれてたら元気に。
パンティーとニーハイだけの格好がバツグンにエロくて最高のシチュエーション。

フェラでビンビンになったペニスを生で騎乗位挿入。背面騎乗位ではセクシーなお尻が丸見え。
対面座位、正常位、中出しを哀願され膣内射精。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする